読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽山舎通信

わたじん8の日記です

2016年が終わる

平成28年12月31日。

昨年同様に、あっという間の1年だった。

2004年から続けていたブログを削除して1年になった。それによって、何かが変わったかと言えば、たぶん何も変わっていない。

それよりも、フェイスブックのアカウントを削除したことの方が、変化としては大きかったかもしれない。FBでしかつながらない人たちとの縁が切れた。

同じように消そうと思っていたツイッターは、結局消すことができずに1年が過ぎた。

ツイッターは、誰がどの程度見ているか、わかるようなわからないような、FBよりも干渉が少なくて、ツールとしては自分に合っている。しかし、表現が短文ばかりだと、そこそこに構成が必要な文章を書くスキルは衰えていく。

ブログの更新が、自己表現の核のようになっていた頃には、何かのテーマについて、それなりに深く考察する時間を持つことが少なくなかった。例えば、この時期になれば、自分が一年間に読んだ、あるいは買った本を振り返り、自分なりにベスト本を選んだりしていた。その記録は、ブログにアップしたもの以外には何も残っていないので、全削除した今は、振り返ることもできない。

まあしかし、振り返る必要などないだろう。

今の頭の中に残るものが、この先につながればそれでいい。

ただし、頭の中も本棚も、「棚卸し」のような作業は、スッキリとした未来への道程を得るためには、必ず有効になる。そう思う。

年末年始の、自由度の高い時間は、自分の棚卸しのためには良い時間になる。

とりあえず、元旦は恒例の会津駒ヶ岳登山にでかけてみる予定だ。

この時間でも、予定としかいえない優柔不断さが、なんだかなってところだが。

明日からの新年。自らの意思で、良い年にしよう。するのだ。

広告を非表示にする