読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽山舎通信

わたじん8の日記です

2017/01/15箕輪山東面

安達太良連峰の麓の二本松市に住んでいるので、幼いころから山の基本はここで学んだといって間違いない。

積雪期、残雪期に安達太良の二本松側(東側)にあちこちスキーで入ってみて、結局箕輪山近辺に落ち着いている。おそらく、還暦を過ぎても、遊びの拠点はこのあたりなのだろう。

f:id:watajin8:20170122173912p:plain

 

正確には、箕輪の東側に伸びる緩やかな稜線の北側斜面ということになる。

同じような条件で、横向温泉スキー場と箕輪山を結ぶラインもあるのだが、いまのところ、この小さなエリアの魅力にはまっている。

クルマを停めるのは、115号から野地温泉方面に曲がったところにあるパーキングと決まっているので、道路上を若干歩くことになる。いろいろ試した結果、この入山ポイントが最も効果的とみている。

f:id:watajin8:20170115074334j:plain

 

積雪量が増えると、道路脇は切り立った雪壁になるので、そうじゃない場所を探すと、ここか、この先の沢かということになる。まあ、この先の沢沿いも面白いのだが。

 

 

f:id:watajin8:20170115083041j:plain

ヤブがでていていつもと感覚が違い、登るべきところを通り越してしまったが、ああ、ここもいけるのかと新発見。だから雪山は面白い。リスクもあるが。

 

f:id:watajin8:20170115091509j:plain

 

おめあては、このブナ林。斜度もそこそこにあって、強風吹き荒れる時にも意外に静かで楽しめる。なにより、北斜面のパウダーは絶品。

 

f:id:watajin8:20170115101750j:plain

 

深すぎてやばい。

 

f:id:watajin8:20170115104816j:plain

 

ヨボヨボになっても、このブナの森に入る。

 

広告を非表示にする