楽山舎通信

わたじん8の日記です

ソロ

 
過去の自分のアドベンチャー振り返ると、大学時代に完了してしまう。
というか、10代から20代初期に経験したことは、その時点での印象がダントツなので、記憶として残りやすいのか。
 
それと、たぶん大事なことは、企画から実行のすべてを、自分ひとりで行っている、ということなんだろう。自分にとっては。
 
ブルベ(自転車のロングライドイベント)なんかは、制限時間と決められたコースなど、様々なルールの上に成り立っていて、だとしても、自分が主体的に展開できる計画を作らないと、600キロ以上のブルベを完走することは難しいわけだが、基本的に、自分が考えたルートではないので、走り終わったあとに、「どこ走ったの」ってことをすぐに忘れてしまう。
まあ、基本的には、それほど走っているわけでもないので、「人生の中で」といえるほどにインパクトのあるものは、ブルベなどのサイクリングイベントの中にはないだけの話だ。
 
自転車で言うならば、高校2年の春休み、実質的に高校最後の自由に使える春休みに、14日間かけて東北一周してきたことが、今の所はもっともインパクトの強いアドベンチャーだ。
ちなみに、高3の夏休みは、インターハイの登山競技出場で四国の山を歩いてきたが、これはこれで一つの思い出にすぎず、自分にとっては「ソロ」こそが、もっとも自分らしいスタイルなのである。
 
高2の東北一周は、刺激が強すぎるというか、ユースホステルビバークで、まだ春浅い東北を走り続けるのは、なかなかにスリリングだった。
すべての計画と準備を自分で行い、家から走り出して、家まで自転車で帰ってきた。
 
距離的なことを言うならば、たかだか1400キロほどしかなくて、今の自分が、これをたどって走れば、5日もかからないに違いない。
2019年は、自転車で北東北に走りに行くことが多かったので、記憶としては、同じような旅の体験なのだけど、やはり、高校生の一人旅で14日となると、大人になってからの一人旅とは全く違うシチュエーションで、条件的に、未成年時代のそこには二度と戻れないのである。
 
だから、あのレベルで50歳を超えた自分がアドベンチャーをするならば、場所は必然的に海外になるだろうし、同じ年代(50台後半)の中でもずば抜けた「なにか」がないと、高校時代の自分にはかなわない。
 
登山でいえば、わざわざそのために大学を留年したとも言える、大学5年、22歳(誕生日前)の時の北アルプス単独大縦走だ。これを超える登山を、していない。できていない。
35年前の夏。
 
白馬から奥穂高まで縦走し、上高地に降りるというプランの原型は、当時の山と渓谷に載った縦走のプランを、自分の能力に合わせてアレンジしたものだった。
21日間の、全ての食糧と燃料を持って縦走を続けるのはあまりに厳しく、中間地点として選んだ三俣山荘にデポしに上がる登山から、この縦走ははじまった。
今は廃道となっている伊藤新道で、北アルプスの厳しさを味わう。一気に登れず、途中で天泊。どうなることかと思ったが、結局は白馬から奥穂高までの縦走を成功させた。
 
このレベルの登山を、今の自分ができるかと言えば、難しいだろう。
学生時代に体育会のワンダーフォーゲル部にいた、ということの集大成が、あの登山だった。
 
そこから飛躍して行けば、まあ60近くなる今でも、そこそこに北アルプスを歩くことはできるのかもしれないが、ちょっと遠い憧れの地になりつつある。
 
気がつくと、人生の残り時間は、もうわずかしかない。
ある程度、整理しながらも、登山だけは、このままフェイドアウトさせずに、続けたいものである。
 
 
 
 

2020年7月12日(日)曇り一時雨 enduraceで奥岳往復

昨夜は珍しく午前0時すぎまで起きていたが、日曜日でも起床は4時台。習慣だ。エアコンの除湿を入れたままで寝てしまい、寝起きが微妙。というか、就寝時間おそすぎ。

雨音がしない。雨雲レーダーを見ると、とりあえず自転車に乗れそうな気配。で準備始めたけど、スタートは午前6時。先週と同じくXTCという考えも頭をよぎったが、雨から逃げ切ることを考えて、ロードバイク。この時期、ということもないが、油圧ディスクのカーボンロードであるCANYONキャニオンのenduraceに乗り出したら、キャリパーのアルミロードを出す機会がない。まあ、どうでもいいか。

 

山の方が雲の中で、最初から怪しかったが、スカイピアの市道を登っている時に雨に当たった。まあ、濡れること前提なんで、雨具つけずにそのまま走る。

身体のパフォーマンスは悪くない。というか、前週が重いMTBの場合、間違いなく走りを軽く感じる。前半からグイグイ回す。スカイピアまでの間に、心拍を160から170の間固定。160台で、乳酸貯めずにいつまでも登っていられるようになるのが理想。心拍160台でどこまで走り続けられるのか、それはトレーニング次第なのか。

 

安達太良野営場は、20張り弱のテントの数。多いと見るか少ないと見るか。

これで、夏休みの本番になったら、どうなるんだろう。無料で管理者不在で、「コロナ? なにそれ」みたいな穴場なのか。

 

レーニングで知り尽くした道を、心拍数見ながら、脚に貯まる乳酸考慮しながら、8割ぐらいまであげていく。

この道を、毎週のように自転車で登っているのは、自分以外に何人いるのだろうか。浄土平に行けそうな時には、あちらに出かけるが、時間的には、こちらは往復3時間(実質走行2時間)みればOKだが、浄土平往復は、最低でも半日コースになる。獲得標高は、浄土平が1800くらいだから、ほぼ倍。

奥岳コースの朝練は、なんと言ってもクルマがほとんどいなくて、空気の清涼感と野鳥の鳴き声。浄土平コースは、もちろん色んな意味で別格で自分の周囲では最高ランクの80キロなのだけど、クルマの音が、自分にはストレス。

第2駐車場で心拍170台で、ゴールで180に登れそうだったが、177だった。心拍数をコントロールするのは、考え出すと案外難しい。

曇りというか、霧雨っぽい天気の中で8時前。けっこう登山者はいるし、トレイルランニングの練習の方もちらほら。安達太良トレイル50が開催決定で、感染対策すごく大変そうと、思うのだけど。

ロングライドとかマラソンとか、トレイルランニングとかの耐久系スポーツは、ヘトヘトな状態を続けた時に、たぶんほとんどの人は免疫力を低下させている。どんなに強靭な人でも、極限まで心身を動かし続けると、疲労は最大になるわけで、それはそのまま免疫力の低下につながるのだろうと、私は理解している。

 

「あまり疲れないように、ほどほどにレースする」というのは、ありなんだろうか。

やっぱり、限界に近づくような動きができてこその、満足感というものだろうと思うのだが。新型コロナの感染を防止しながら、最大級の満足感を得る、というのは、なかなかに困難なような気はする。

大規模なマラソン大会は、どう考えても開催が難しいし、大会をマネジメントする企業の体力(資金力)も弱っているので、今年来年は、大規模な市民スポーツ大会は、事実上中止というのが、一般的かな。

 

さて、お楽しみの下り。

雨具とウインドブレーカー両方持ってきて、雨は大したことないのでウインドブレーカーで。スカイピアの下ぐらいになると、雨雲から抜けた。

 

帰宅して、NHKFM現代の音楽でサティを聞きながら朝飯を食べ、カゴいっぱいの洗濯を片付けて、ベートーベンのピアノ聞きながらウトウト。このくらいでちょうどいい。

 

f:id:watajin8:20200712072206j:plain

f:id:watajin8:20200712115946p:plain

ガーミンのデータ

f:id:watajin8:20200712120234p:plain

f:id:watajin8:20200712120250p:plain

 

2020年7月5日(日)曇り XTC29erで

202075日(日)曇り

 

昨夕は、大雨警報と土砂災害警報クラスの土砂降り。雨樋が飲みきれないくらいのバケツひっくり返しタイプの雨。側溝が飲みきれない場所では、道路が水浸しになり、砂利などが洗い流されて、淀みに堆積するパターン。ということもあって、日曜日の自転車は、久しぶりにハードテイルのXTC29erで出動。

コースは、いつもの山周り奥岳往復38キロで、獲得標高960mヒルクライムコース。

久々にハードテイル乗ると、いつも思うのだけど、これでロングライドしてみたい、と思う。自転車は、メインにしているCANYONendurace cf8.0 に比較すると、1.5倍ぐらいの重量差を感じるが、29インチの2.0タイヤの安定感が捨てがたい。あとは、ポジションの気楽さか。その分、スピードは捨てるが。

同じコースのトレーニングで考えると、アルミのハードテイルでクライムしたほうが、身体に効くのである。ハードテイルMTBの方が、ギヤ比が圧倒的に軽いけれども、フロントリングのインナーを使うことはなく、実際に利用するギヤは、ロードバイクと同じあたりまでしか下げない。

脚の筋肉を、無駄なく使うことを意識して、ペダリングする。ロードの時より、スタンディングポジションが多くなる。

フロントサスペンションの重さが、やけに気になる。ロードバイクばかり乗っていると、まあそんなもんだろう。登っている分には、フロントサスペンションなどというものは、ただの重りでしかない。ただし、下りになると、ロードバイクでは体感し得ない領域に踏み込める。上るのは、その下りのためである。山スキーと同じ理屈である。

ふれあいの森経由で登っていくと、二合田用水の水路とクロスするあたりを中心に、軽トラが30台以上道路に駐車。水普請は、もっと早い時期だと思ったのだが、地域の方々が水路のドロすくいと草刈りをやっている模様。あるいは、昨日の短時間集中豪雨の影響を考えての、水路整備か。

とにかく、側溝の堆積物がところどころで道路に溢れかえり、障害物が多く、MTBで上がってきたのは正解だった。

道路際の植物は、オカトラノオ、トリアシショウマ、ヤマアジサイなどが目立ち、森の中は暗くなって、夏が一気に進んだ。

エゾハルゼミが、まだ鳴いていた。梅雨明けまでは、エゾハルゼミの世界か。ニイニイゼミに切り替わると、夏本番。

野営場は、天気悪い割には人がいる。大所帯のタープやテントが目立つ。

用水の整備やら道路の砂利除去をした市役所のトラックなどが、降りてゆく。知らない間に、道路や水路は、誰かの手によって管理されている。

標高を上げていくと、ロードサイドにホタルブクロが目立ってくる。自然の家付近は、特に目立つか。エゾハルゼミも、正確にはあの辺りからか。標高700mくらい。

ラストスパートで、心拍数をMAXまで上げる追い込み。

ロードバイクよりもMTBの方が負荷が大きいので、同じスピードでは心拍数が上がりやすいのだが、今日はいまいち170オーバーのラインに届くのが遅くて、ゴールで180に届かなかった。

追い込みで、190まで持っていくと、それが本当の最大心拍で、ゴールしたあとで死にそうなほどに苦しくなるが、とりあえず、185あたりまでは上がるレベルを確保しておきたい。

そのためには、第2駐車場あたりで170台にあげておき、なおかつ、無酸素状態でゴールまで上がれるペースを維持すると、MAXに届く。意識的に呼吸のピッチをあげて、どんどん酸素を身体に送り込むが、それでも、心拍数的には無酸素の領域に。

この感覚は、3000m級の登山が滅多にない自分にとっては、高地トレーニングと同じ。身体が欲しがる以上に、呼吸を深くしていくが、心拍数の上昇と呼吸のタイミング、そして、乳酸が溜まって限界に近づく筋肉と、こんなものは、若い頃は全く無意識だったが、ガーミンの数値を見ながら、自分の意識でコントロールして身体を動かすというのは、面白い。

これが、小学校低学年の頃の体育の成績が、ほとんど2か3(最高5)だった少年の、50年後、である。運動にたいする先天的な要素そのままだと、こんな自分にはなっていないと思うけど、ツイッターでフォローするロングライダーの少なからずは、義務教育時代の体育の成績は平均レベルよりも下だったという人が少なくない。と、思っている。

 

天気悪いが、風はなく、ゴンドラは動いていたし、登山やハイキング目的のクルマの数も、それなりに端境期のレベルには多かった。

自分は、夏山シーズンが本格的になったら、近場の山だけは登っておくか。

2020年夏、パンデミックは、まだ終息していない。

北アなどは、山小屋の営業が縮小的で、登山は自粛要請の夏である。

 

f:id:watajin8:20200705110552j:plain