楽山舎通信

わたじん8の日記です

2022年8月11日(木)山の日 安達太良山へ

前日の段階では、登山する予定ではなかったのだが、3時くらいに目が覚めて(老人化)、「山の日だから」登山に行こうと決めて準備を開始した。

しばらく山登りしていないので、装備を準備するのに手間取り、自宅を出たのは5時40分。山は見えず、このところ不安定な大気で、湿気を含んでいそうな空だった。

携行する水は、ハイドレに1.3リットル、保冷ボトルに600ccで合計1.9リットル。この他にセブンでPET1本買うつもりが、忘れた。夏山歩きに持参する水、2リットルは最低値かと思うが、600cc余った。ハイドレーションは、チビチビ飲んでいてどのくらい残っているかわからないというのが問題なのだが、思ったより残っている。ザックの中に水筒を入れていて、水飲みのためにザック下ろして、というのは、私はしない。積雪期も同じ。そもそも、ザックを下ろして休憩するというのは、今回の登山でいえば箕輪山でパン食べた時だけだ。この時は、なぜかiPhoneがロックされてしまい、13分待つ必要があった。

8月4日の大雨の影響で、登山道が崩れているという情報があり、ぬかるみでぐちゃぐちゃなんだろうかと心配していたが、さほどでもなかった。

思っていたよりも身体が軽く、すいすい登れる。トレイルランニング用のザックで軽めの装備ということもあるが。スキー場から1時間半ほどで安達太良山の山頂に到着した。まだ7時台なので、人は少ないが、今日のお昼前後は混雑しそうである。

とりあえず鉄山まで、ということで稜線の縦走を開始する。安達太良連峰の中でも、矢筈が森から鉄山あたりの、岩峰の景色が一番すきである。安達太良の積雪期、スキー滑降の中心は、鉄山の南側で言えば矢筈が森が一番ということになる。鉄山を堺にして、エリアが分かれる。西側に沼ノ平の爆裂火口がストンと落ちる鉄山周辺は、ダイナミックな景観が船明神側までも広がり、見飽きない。標高1600m前後ながらも、八ヶ岳北アルプス的な高度感がある。

思えば、私の登山人生の出発点は、地元の安達太良連峰だった。高校卒業までに、32回登った(必ずしも安達太良山頂の登頂ではなく)。大学時代以降は、どうしても2000m3000m級の山に憧れるので、故郷の安達太良山は、簡単に登れる「軽い山」といった認識があったが、オーソドックスに安達太良山頂の往復だけだと、たしかに「軽登山」的なニュアンスはあるが、OSJトレイルランニングの開催地としての安達太良山は、50キロという距離の長さの中で、連峰の持つ様々な魅力を知ることができる。実に奥の深い山であり、飽きない。

この夏、私は還暦を迎える。

「年取ったら、安達太良山だな」と、若い頃に思っていたが、単独登山できる身体の賞味期限は、あと10年くらいだろうか。私は、地元の山岳会とかで集団で登山することが好きではないので、登山と言えば単独か、せいぜい大学ワンゲル時代の仲間と登るくらいだろうか。独身なので、「夫婦で」というのはありえないが、この年になると、同じ年代の夫婦と思しきが二人で登山しているのを見ても、「いやあ、俺は遠慮する」と思ってしまう。やっぱり山は、独りが良い。

 

 

さよなら電子掲示板あるいはBBS

2022年8月1日に、とある電子掲示板システムがサービスを終了し、約20年ほど続いていた中学校同級会のサイトが消えていった。

私がパソコンを購入し、インターネット通信を利用しだしたのは、1996年のことで、通信量が従量制で、おまけに電話代もかかっていた当時の主な用途は、電子掲示板とメール、メーリングリストによる情報収集・交換だった。

最初に使っていたのは、ニフティフォーラムの会議室だった。のちに「2ちゃんねる」という掲示板が登場するが、ニフティフォーラムは2ちゃんと違い、きわめて紳士的な電子掲示板だったと言っても良い。

不特定多数のインターネットユーザーが、自由に意見交換できる場があるというのは、実に画期的な事件であった。インターネット社会以前においては、社会の情報はマスメディアがプラットフォームとなり、そこで選別が行われて一部の情報だけが拡散される社会だったが、インターネット社会は、ある意味でマスコミによる情報独占をひっくり返すこととなった。

全く見ず知らずの人と、ネット上で交流できる仕組み、そこで情報を交換し、議論を成熟させる仕組みというのは、良くも悪くも人間の文明に影響を与え、今も社会の方向性に影響力をもつ存在になっているのである。

電子掲示板という仕組みが栄えた時代は、西暦で言えば2000年前後から10年ほどだろうか。

当時、二本松市のような地方自治体にも電子掲示板があり、福島県の公式ホームページにもあり、2001年に開催された「うつくしま未来博」の準備段階においても掲示板が存在していた。

当時を振り返ると、それはまさに「まぼろし」としか思えない。

インターネットが支える情報の双方向性の頂点とも言える場所に電子掲示板があり、良くも悪くも新しい社会をリードしてきたのであった。

しかし、行政のサイトにおかれた電子掲示板は、実に短命で終了していく。

ある意味で、あの時代の電子掲示板は、壮大な社会実験であった。自由に書き込ませていると、必ずしも紳士的なユーザーばかりでもなく、深夜の書き込みなどで削除が追いつかない事態となり、そのうち承認制となり、投稿する際の匿名性もなくなり「どこの誰」がわかる登録制となり、結局誰も使わなくなって消滅していった。

ユーザー同士が、WEB上で自由に意見交換、議論を進められる良識的な電子掲示板は、期間でいえば5年ほどでの壮大な社会実験と、2006年以降にはじまるツイッターなどのSNSの隆盛により、役目を終えていくのであった。メーリングリストも、同じように終了していく。

「2ちゃん」、あるいは「5ちゃん」がどうなのかを、私は知らないが、ネットユーザーのプラットフォームが、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどのSNSにあるという認識で、たぶん間違いない。

電子掲示板での使い方に最も近いのは、ツイッターにおける「#」ハッシュタグ付けの投稿ではないかと思う。ただ、SNSの性格上、リアルタイムで動いているテーマに対しては一気に拡散して注目を集めるが、目立たないテーマをじっくりと議論することには向かない。

「目立たないテーマをじっくりと」あるいは、ごく少数の不特定の参加者がじっくりと深く議論する、というプラットフォームは、何かあるのだろうか。

というか、自分のテーマは自分のブログやノートなどで表明して、そこのコメントで発展させるのがベストなのだろうか。

そういえば、登山関連でヤマレコを利用していて、掲示板的な部分でちょっと叩かれてそれ以来ヤマレコは見なくなった。叩かれるとか炎上するというのは、長いネット人生の中で何度か経験しているので、「ああ、こういう反応もあるのか」ぐらいで、特に落ち込むこともないのだが、逆の意味で、もしかすると多くの人の気持ちを傷つけてきた可能性もなくはない。口下手だけど、文字で表現するのは遅くはなく、思ったことを一気に書いてしまう傾向があり、「ああ、やっちまった」を数え上げるときりがない。

 

統一教会あるいは新興宗教

2022年7月8日の、安倍元首相の殺害事件の犯行動機に、「統一教会」への恨みというのが出てきて、「統一教会」が、「世界平和統一家庭連合」と名前を変えながら、今でもそれなりの社会的影響力を持って続いていることに、少なからず驚いた。

しかも、福島の地元にも、支部が存在しているらしい。

統一教会といえば、「霊感商法」である。

実に懐かしい響きの言葉で、まさかこの言葉を令和の時代に再び耳にするとは思わなかった。今も続いているのか? 信じられない。

結局は、政治家の影響力がマスコミ等に響いて、団体の運動を阻止できない土壌が出来上がっていたのだろうか。

実は、学生時代にいくつかの新興宗教に関心を持ち、入門的な話を聞きに行ったことがあり、「統一教会」とは知らずにビデオを見に行ったことがある。ビルのワンフロアに集まった人に、まとめてビデオを見せるのではなくて、パーテーションで仕切られたスペースで、一人ひとりに見せていくという、他の団体にはない金のかかったしかけだった。私はそれを見ていて、これは統一教会だとわかり、その後何度もアパートを訪ねてくる勧誘員を強烈にお断りして、それ以後関わることはなかった。

仏教系・神道系・キリスト教系と、それぞれに雰囲気を見に行ったが、今にして思えば、それぞれの組織に集まる人達の特性というか、この集団にいるとこんな感じになるのかというのがなんとなくわかり、宗教哲学に深い関心を持っていた私には、貴重な体験になった。統一教会は、信者というよりも、保険の外交員みたいな印象だった。

そもそも、学生時代に住んでいたアパートには、様々な組織の勧誘員が訪れてきていて、私は、好奇心が優先して、断らずに話を聞いてしまうことが多かった。世紀末に向かうなかで、米ソの対立が深まり、ハルマゲドンといった終末論が新興宗教の入り口にもなっていた。

統一教会は、「原理研」のほうがたぶん学生には馴染みが深く、それは近寄ってはいけない集団であるとはわかっていたが、最初の入り口には「原理研」あるいは「統一教会」という名称はないのである。あの当時の入り口の名称が、なんだったかを思い出せないし、私にとっては思い出したくもない歴史だったりして、当然何も残っていないので、手がかりもないし検索する気もない。

年代で言えば、1983年から1985年までのことなのだが、この時期、あることから、まじめに「ソ連が攻めてくる」という話を信じていて、私の中でも「共産主義」国家や思想は、自由を奪う恐ろしいものでしかなかった。

反共という位置づけでは、統一教会よりももっと過激だと思う組織があり、これまた正式な名称を伏せて公共施設の会議室を借り、「勉強会」をしていたのだが、こちらはモノを売って資金を集める、ということがなく、ひたすら「天上界」の話やユートピア思想的な雰囲気で、独特な雰囲気があった。

統一教会のような巨大組織は、どんどん会員を増やして資金力を持ち、最終的に政治にも影響力を持ち、集めたエネルギーを外に向かわせていたが、カルトには「外向き」と「内向き」があって、小規模なカルトは、閉鎖的な集団形成によって、「選民意識」を強め、世界滅亡の時にも、自分たちだけは救われる、みたいなことを、本気で信じていくようだった。

学生時代、東洋哲学よりは西洋哲学への興味が深いと、宗教的には、当然「キリスト教」への関心が深くなる。その上、当時はバロック音楽への関心が強まり、それもあって「キリスト教」という宗教が、仏教や神道よりも格上な気がしていた。というか、キリスト教の社会に対する接点の多さと「救済」のパワーの大きさを見ても、仏教が扱うのは死後の世界であって、現世の人心に対する救済力の弱さが感じられて、仏教には全く魅力を感じられなかった。

かといって、キリスト教に改宗するかというと、そんなことはなく、イエス・キリストに対する信仰心は、皆無なのである。キリスト教への関心は、ある意味で、単なる教養の一つでしかない。様々な知識を自分の中で再編集し、結局のところは、「自然の中に神が在る」あるいは「自分自身の中に神が在る」という、価値観を強めていく。宗教というよりも、哲学である。

では、私は無神論なのかというと、どうもそうではなさそうだ。

結局、長年の経験からすると、仏様というか、ご先祖様が守ってくれていると思うところはあるし、毎日神棚と仏壇に感謝の祈りを捧げていることから考えても、目に見えない、なんらかの魂の存在を意識し、その魂に対して、祈りを捧げるという、非常に原始的な意味での宗教心を持っているということだ。そして、私は群れることがすきではないので、組織に入ることを良しとしないという、それだけのことだ。