楽山舎通信

わたじん8の日記です

平成31年2月16日土曜日 東京で

平成31年2月16日土曜日。
東京でアート鑑賞と某OB交流会参加。

東京ステーションギャラリーアルヴァ・アアルト もうひとつの自然」から日本民藝館柳宗悦の「直観」 美を見いだす力」そして、東京オペラシティアートギャラリー石川直樹 この星の光の地図を移す」へ。
3本鑑賞。

アルヴァ・アアルトフィンランドの建築家)展は、もう少し軽めの展覧会かと思っていたが、見応えがあった。

曲線の使い方が、なんとも絶妙であり、アアルトの工業製品のデザインは、現在の北欧系の家具にそのまま現れているという解釈で良いのか。
家具のデザインにしても、多くの示唆を受けた。

東京駅で昼食のあとに、おそらく学生時代以来の京王井の頭線で、駒場東大前に移動。
日本民藝館。初めての訪問。
建築やってたら、今まで見てないって、どういうこと、みたいな。もっと早くに訪問しているはずの場所。まあ、設計屋じゃないんで。
やはり、空間というものは、写真見てても何もわからないといってもいいくらいに、打ちのめされた、そんな感じ。
展示されている美術品よりも、民藝館の建物と、西館の柳宗悦邸の建物そのものに打ちのめされた。
そして思うのは、自分の中の「内なる美意識」は、良いものに触れることによって、間違いなく高めていくことができる、ということ。
経験、学習。テレビやインターネットで何かを知ることもそれなりに知識となるが、やはり現場で実物を見る、体験するということは、その先の人生を変えるほどに、大きな意味を持つと実感。

時間配分を気にしながら、井の頭線明大前駅に行き、京王線に乗り換えて初台で下車。降りてすぐの場所にある東京オペラシティ、そのアートギャラリーへ。

石川直樹 この星の光の道を写す」

開場の、「東京オペラシティ」。
空間の構成が、「なんかその気になる」いい感じ。
建築物が持つ力の一つは、その空間そのものが、ひとの感性を刺激し、モチベーションを高めることである。
アートギャラリーは、規模としてはそれほど大きくはなかったし、石川の写真も、アートとして見ると、インパクトの大きいものがたくさんあるというよりも、割とありふれたスナップを大きくした感じだったが、まあとにかく、お客さんが多かった。年齢層は30代が多いという雰囲気。7割は女性か。
オペラシティは、この次は音楽鑑賞で行ってみたい。

京王線で隣駅の新宿に出て、山手線乗り換えで高田馬場へ。
このパターンの乗り換えは、学生時代に何度か経験して以来なのだが、人混みがすごすぎて、「オレは新宿嫌い」確定。
東京駅の混雑とは、明らかに異質な緊張感。

そういえば、遅ればせながら、この度スマホの「Suica」デビュー。新幹線から全て「ピッ」で通過の衝撃。
もう、新幹線の切符買うことはないだろう。

 

f:id:watajin8:20190216124624j:plain

東京駅丸の内北口

f:id:watajin8:20190216120811j:plain

f:id:watajin8:20190216124811j:plain

アルヴァ・アアルト

f:id:watajin8:20190216143549j:plain

日本民藝館

f:id:watajin8:20190216144755j:plain

日本民藝館

f:id:watajin8:20190216152759j:plain

この星の光の地図を写す

f:id:watajin8:20190216161858j:plain

この星の光の地図を写す

f:id:watajin8:20190216154813j:plain

この星の光の地図を写す









 

 

 

2月4日 立春

昨日(2月3日(日))は節分。

先週は、風が強く寒い日が続いていたが、昨日は「季節変わった」ことを実感するような暖かさで、日中は天気良かったのに夜になると雨が落ちてきた。

今朝も時折本降り。本格的な雨は、いつ以来だろうか。

厳しい寒さが続いたせいか、母親の体調があまり良くなく、家を空ける時間を極力少なくする意味もあって、軽く猫魔スキー場。行く途中の景色は、それなりに雪国らしくなってきたが、路面状況は今までの凍結状態も解消されて、楽々。

スキー場の駐車場に到着し、「あれ、温かい」

薄着で手袋なしで外に出ても問題なし。しかし、これまでと同じウェアの設定できてしまい、調整ができない。ちょっと滑っただけで、中間着にしている薄手のダウンジャケットを脱ぎたくなってしまった。もう、温かいを通り越して、暑い。

今シーズン、本当に30年ぶりぐらいで購入したゲレンデ用のブーツと板の感触が、ゲレンデ滑りの楽しさを底上げした。ツアーブーツのルーズな感じというのは、昔、革製の登山靴でスキーしていた時代の感覚と同じような部類のモノとなってしまった。

ということは、バックカントリースキーも、この板とブーツの組み合わせで滑ったほうが、レベルアップできるということか。深いパウダーでもなければ、太めの板はいらないのだな。今乗ってる板は、2000年頃に購入したロシニョールのバンディットと同じサイズで、結局そこに戻っているのだけど、この間のカービングスキーの技術的進歩はけっこう大きく、板を乗り換えることで、その進化が実感として捉えられる時代なので、スキー人口減少の時代ながらも、同じ趣味を続けていくのは、モノの見方感じ方を突き詰める上でも、趣が深い。

裏磐梯から雪解けで走りやすい道路をさっさと帰宅して、自分で作ったチャーハン食べて、節分の二本松神社へ。自転車乗っていても寒くない。ほんとに、ここまで気温が変わるとは。季節の変わり目である。

f:id:watajin8:20190203100156j:plain

猫魔スキー場

f:id:watajin8:20190203100426j:plain

猫魔。ディープの下部

f:id:watajin8:20190203105448j:plain

猫魔 エキサイト

f:id:watajin8:20190203115829j:plain

桧原湖

f:id:watajin8:20190203145834j:plain

二本松神社

 

五本手

f:id:watajin8:20190128052606j:plain

五本手

 

学生時代に冬山で使っていたウールの手袋、「五本手」。
40年近く経つが、そっくりしている。
社会人になってこれは使わなかったから。このウールの手袋よりも、薄手のフリース生地の方が保温性もあるし、ザックに入れておいてもがさばらない。
しかし、なぜかウールへの信頼度は高く、「もう使わない」と捨てはしない。予備としてザックに入れておくアイテムの一つ。
ちなみに、場所と時期にもよるけど、山に入るときは、手袋は予備2つを持ち歩く。薄手と奥の手と。いろいろ試す意味もあるが。
スキー登山は、自分の経験では、登りは薄手のウインドストッパータイプ(ゴアテックス最強)で十分で、それにオーバーグローブ持っていれば下りも大丈夫。というのが、最近。
が、冬山でもスマホ操作する時代になり、スマホ操作できることが第一条件になってきたのが、今。

テーマがそれてしまった。
この手袋の手首部分に、チロリアンテープのループをつけていた、マメだった頃の自分を懐かしく思い出した、というのが、主題だった。
ここに引っ掛けを作ることで、ストラップを通して手袋外してもぶら下げておける、というのは今のオーバーグローブでは当たり前の機能だが、そこを自分で縫い付けて改良していたわけで、我ながら目の付け所は、悪くなかったなと。

道具を改良する。補強する。というのは、若い頃には当たり前のことだったが、いつしかただのズボラでだらしないオヤジに劣化していた。

ということに気づくことから、ちょっと気合い入れていこう。